加藤どうぶつ病院(動物病院としていぬ、ねこ、うさぎ、ハムスター、モルモット、鳥、フェレット、その他についても充実した診療を心がけています。)

加藤どうぶつ病院へのお問い合わせ
HOME → お知らせ
SFTS(重症熱性血小板減少症)について

朝晩涼しくなってきて過ごしやすくなってきました。

今回は近年話題となっているSFTS(重症熱性血小板減少症)について説明します。

SFTSとは2013年ごろから報告され始めた、マダニが媒介し、人に重篤な症状を及ぼす感染症です。

致死率は30%前後ともいわれ、これまでに近畿、中国、四国、九州で感染が報告されています。

最近のニュースでは、人が野良猫に咬まれて感染した例が報告されており、当院ではペットのワンちゃん、ネコちゃんの月に1回ノミダニ予防を推奨しています。

特に秋はマダニのピークシーズンですので、しっかりと予防をしていきましょう。

SFTS、マダニに関してご不明な点がございましたら、お気軽に当院までお尋ねください。

加藤どうぶつ病院ブログ
犬と猫の栄養成分辞典