加藤どうぶつ病院(動物病院としていぬ、ねこ、うさぎ、ハムスター、モルモット、鳥、フェレット、その他についても充実した診療を心がけています。)

加藤どうぶつ病院へのお問い合わせ
HOME → お知らせ
ノーベル医学生理学賞と動物の関係

昨日、北里大学の大村智教授がノーベル医学生理学賞を受賞されました。

大村智教授の開発した薬は、寄生虫から多くの人の命を救ってきたと人間分野での功績が大きく報道されています。

しかし、実は私たちも非常にお世話になっている薬であり「イベルメクチン」の名前は獣医師であれば知らない人はいないくらいのお薬です。

特に犬の飼い主さんにはもっとも身近なお薬ではないでしょうか。

名前は知らないかもしれませんが、このイベルメクチンはフィラリアの予防薬としても使われているのです。

イベルメクチンは一ヶ月に一度投与するだけでフィラリアの感染を防ぐことができ、消化管内寄生虫である線虫類全般にも効果があるため当院でもフィラリア予防の主力として使用しています。

犬だけではなく、牛や馬、豚などの寄生虫の治療にも広く使われています。

 

人間だけではなく、多くの動物の命を救ってきた薬を開発された大村智教授のノーベル医学生理学賞受賞、おめでとうございます。

加藤どうぶつ病院ブログ
犬と猫の栄養成分辞典